FC2ブログ

中陰壇~まだ魂はここにある~


2019年04月18日
☆木曜日☆

平成を生き抜いたよ20190307パコパコ、ありがとう


「れ~ろ☆と愛を届け隊」は ボランティアで構成する 動物保護団体「Arch」 の保護活動を応援しています。
「れ~ろ☆と愛を届け隊」プロジェクトは被災犬支援を目的に当Aブログで立ち上げました。

れ~ろと愛を届け隊ロゴ-のコピー


動物保護団体「Arch」は、センターで殺処分を待つ犬猫を保護し、各ボランティア宅にて一時預かりをして里親を探す活動をしています。



ARChフリマ20190512告知

フリマ物資募集中です。
お問い合わせはコチラへ⇒ARCh フリマ物資ご支援のお問い合わせ



※ 「愛を届け隊」での春の募集は延期させていただきます。

パコの七七日忌(5月13日)以降に募集スケジュールを告知させていただく予定です。

よろしくお願いいたします。








image3441.gif  image3441.gif  image3441.gif  image3441.gif  image3441.gif



お悔やみと励ましのメッセージをたくさんいただき厚くお礼申しあげます。
コメントは公開していませんが有難く読ませていただいています。
ラインは相変わらず別ソフトで閲覧することが多いので未読のままが多いですが、ちゃんと既読しています。
お返事なかなか出来ずに申し訳ありません。 本当に本当にありがとうございます。




image3441.gif  image3441.gif  image3441.gif  image3441.gif  image3441.gif




今日の中陰壇。
20190417今日の祭壇b;os
パコの中陰壇(中陰=死後四十九日間=の期間、遺骨や位牌や遺影を祀る祭壇のこと)はとっても賑やかです。お花、フルーツ、バルーン、アクリル画、お菓子、おやつ、おもちゃ、お香典。すべてお供えにといただいた品々。お心遣いに何とお礼を申したらよいのか言葉が見つからない。只々、皆さまに心から感謝です。

祭壇はパコがいつもクルクルしていた場所に設置。
49日間は、まだ魂はここにあるんだよね。
審議はもう3回終わって、あと4回。その頃には少し元気になっているかな、自分。




相変わらず、パコと話をしているっぽいりれら。
お話してるっぽい
実は、経験談を交えて、「お話していると思います」というメッセージをいっぱいいただいた。
リルがいなくなってから、れ~ろもときどき、空を見上げ、一点だけをじっと見続けることがあった。
本当にパコと話しているかも?



※本日もパコの写真が出てきます※

26日の夜パコが息を引き取り、27日にパコの亡骸を横に乗せてAii診断(死後診断)をしてくれる病院に車を走らせた。「自分のせいで」 その思いで気持ちは落ち着かないままで、お花を飼ったりお供え物を買う、という心の余裕は全くなかった。

翌日からお花が届けられるようになった。
01 20190328_210954 届いた供花とパコ(blogsize)

大きな鳩のバルーンも。
02 20190328_23 バルーン弔電(blogsize)

「ちゃんと見送ってあげなくちゃ」
現実を受け止め、お葬式の予約をしに慈恵院へ。
結局慈恵院ではお葬式が出来ないことがわかり、棺のみ購入して帰宅。
葬式までは、枕飾りだけの予定だったけど。
03 枕飾りblogsize

お花が次々と届けられたので、後飾り棚を出すことに。
04 20190330_1305りれらと座布団blos

生地屋さんに行って、カーテン用の生地を買った。
れ~ろのときは白だったけど、パコにはピンク。
05 20190331_0002中陰壇をつくったよ01blogsize
パコは紫のイメージがあった、というメッセージもいくつかいただきました。
確かにね、りれらがピンク系、パコはパープル系の洋服を着ることが多かったかな。

「どんどんお花が増えてますよ」
06 20190331_193643棚がだんだん華やかになってきてるですblos
綺麗だね。 雪太郎さんが素敵なパコのアクリル画を描いてくださった。

葬儀会場が変更になって、家に一週間もいることになっちゃたので、華やかなお見送りとなりました。
07花がいっぱい① (2)

まさか、こんなにお花をいただくなんて思ってもいなかったので、びっくりだったよ。
お供えものコラージュ統合
とにかく嬉しい、有難い、そして、励まされた。

お花屋さんになったみたい。
中陰壇041301 blog

お花の水やりが日課になりました。
中陰壇20190407_0661416(saishin)blos

やがて蕾は花開き、綺麗な花は枯れてくる。雪太郎さんやクーたんママさんみたいに花を育てる素養がないので、切り花もながなか長持ちさせることが出来ない。でも49日間は綺麗なままにしておきたいから、枯れた花は次々とアートフラワーに差し替え。昨今は本物のような造花と造花のような生花があって、手で触らないと生花か造花かわからない。

水やりしたり造花に差し替えたりあちこち置き場所を変えたり、そんなこんなしているときは心落ちつく癒しの時間。

49日間、迷わず浄土に行けるように、蝋燭とお線香の灯は絶やさずに。
迷わず天国に行ってね 
といっても火事の恐れがあるので電池式。



パコの旅立ちに、優しくて暖かい心をありがとう。

3列


普通に生活出来てる。
だけど、何をやってもつまらない。
普通のことをやっていても、すべてが嘘っぽい。
何をやっても、なんでこんなことしてるんだろう、と思う。
何もやる気しない。 何もやりたくない。

少しずつ前を向いて歩こう。
生きることの素晴らしさと大切さを教えてくれたパコを見習って。。。


*********************************************************************
いつも応援ありがとう。
ベビーれ~ろ(↓)を押すと日本ブログ村に飛びます。
にほんブログ村 犬ブログ ヨークシャーテリアへ
***にほんブログ村ランキング***




パコのお葬式~華やかに厳かに、優しさに包まれて~


2019年04月14日
☆日曜日☆

平成を生き抜いたよ20190307パコパコ、ありがとう


「れ~ろ☆と愛を届け隊」は ボランティアで構成する 動物保護団体「Arch」 の保護活動を応援しています。
「れ~ろ☆と愛を届け隊」プロジェクトは被災犬支援を目的に当Aブログで立ち上げました。

れ~ろと愛を届け隊ロゴ-のコピー


動物保護団体「Arch」は、センターで殺処分を待つ犬猫を保護し、各ボランティア宅にて一時預かりをして里親を探す活動をしています。



ARChフリマ20190512告知

フリマ物資募集中です。
お問い合わせはコチラへ⇒ARCh フリマ物資ご支援のお問い合わせ



※ 「愛を届け隊」での春の募集は延期させていただきます。

パコの七七日忌(5月13日)以降に募集スケジュールを告知させていただく予定です。

よろしくお願いいたします。








4月2日、パコのお葬式を執り行いました。

当初はリル&れ~ろのお墓がある慈恵院で予定していたのですが、火葬前に「めぐみ斎場」を貸切り、最後のお別れと法要をしていただく形の、れ~ろと同じ特別葬は今は行っていないということ。本堂を新たに建立するためにドッグランや蕎麦屋さんもなくなったので、めぐみ斎場も取り壊されるのでしょう、今は使っていないようです。

れ~ろのときと同じように、誰にも気を遣わず、パコと静かに最後のときを過ごしたい、生花で飾った祭壇葬にしたい、この2つだけは譲れない、と、急きょ他の斎場を探し、感応寺に併設する「せたがやペット斎場」にお願いすることになりました。



斎場の変更に伴いスケジュールの関係で、初七日の翌日の葬儀となり、一週間という思いの他長い時間を家で過ごしたけど、いよいよ旅立ちの準備です。



パコ、行くよ。
0 パコ、行くよ


※以下、パコの写真、骨の写真のアップがあります※


感応寺は、敷地の広い慈恵院と違い、住宅街にあるとっても小さなお寺です。
0感応寺

葬儀は感応寺に併設するホールで。
1お寺に併設ホール02
小さいながらも綺麗な斎場です。

こちらのホールを借りることになりました。
1貸切ホールはひとつだけpet-ceremony16
こんなに大きくなくてもいいけど、小さな斎場なので、これが唯一のホール。
動物供養大祭では10名ほどの住職さんと50名ほどの参列者が入るそうです。

開始は10時。お別れの時間は9時から一時間。

祭壇を飾る生花については何度も打ち合わせをしました。
パコらしく、ピンクと白の生花をお願いし、花屋さんは朝の8時から1時間近くかけて祭壇づくりを頑張ってくれました。
2 20190402_190403_0014 のコピー

2 20190402_190403_0015 のコピー

2 20190402_190403_0017 のコピー

2 DSC_2800 のコピー

写真には白いカーネーションと大きなカトレア。
2 パコの写真には20190402_190403_0016
どうしてもこれを作りたくて、斎場でも初めてのオーダーだったらしく、確認の電話が何度もかかってきました。持って行ったA4サイズの写真立てを額縁に入れてあります(下衆な話ですが、この花額縁だけで3万8千円もしたので、このままもらえるかと思ったら、返されたのは自分が持って行った写真立てだけだった…)


もう一枚の写真、パコが颯爽と走る「飛行犬撮影会」のときのもの。写真集に使われた写真です。
3 20190402_190403_0006


パコのイメージにあった、優しくて可愛い祭壇になりました。
2斎場forblot


ARCh代表の小梅さん、副代表のあんなさん、仮母のあんさくさん、美沙さんが参列してくださいました。
5幸せに見送っていただきましたforblog
小梅さん、あんなさんは、この日の午後、保護犬の緊急案件が入り千葉の収容センターに行かねばならない、というお忙しいなか、千葉から駆けつけてくれました。お写真は撮れなかったのですが、あんさくさんは、朝7時すぎに家を出て、渋滞にはまってしまい、10時の開式ギリギリの到着でした。3時間近くも運転して来てくださり申し訳ない限りです。美沙さんは午前中のお仕事をお休みしてパコにお別れをしに来てくれました。本当に、感謝しかないです。

小梅さん、あんなさん、あんさくさん、そして ARChスタッフの皆さんから大きなお花をいただきました。
6Archの皆さんからのお花 のコピー
更に華やかな祭壇になりました。

美沙さんからは自宅に送ってくださったお花と、おやつと供物のお菓子。
6B 美沙さんS

ご焼香いただけるだけで有難いのに、更に気を遣っていただいて恐縮するばかりです。

まるで眠っているようなパコです。
7たくさんの思い出の品に囲まれて
パコの棺には、りれらといっしょの写真、seaさんがお見舞いに作ってくださったカード、ヴィッキーママさんからいただいたお守り、皆さんからいただいたパコへのメッセージをプリントアウトしたカード、皆さんからいただいたお花の写真。そして、前日の夜なべ仕事で殻に色塗りをしたうずら卵(卵はパコの大好物)にはとご参列いただいた皆様からのメッセージ。

白木のお位牌が光っていてびっくり。
8 20190402_190403_0013白木のお位牌に光がでらされ のコピー
光の国へ導かれますように、という意味があるそうです。

10時より感応寺の住職さんによる荼毘諷経が30分ほど。
8pet-ceremony13荼毘経0皆さまにご焼香していただいて、パコも喜んでいるだろうな。

祭壇のお花を棺にいっぱい入れました。
9たくさんのお花に囲まれたパコのコピー
あんなさんから、「お姫様みたい」って言われたね。
大好きなごはんもいっぱいあるよ。

蓋を閉じ、火葬場に向かいます。
10 本当のお別れです 20190402_103401 のコピー

本当に最後のお別れです。
12 魂はいつも心に寄り添ってDSC_2679 のコピー
葬儀まで、「天使の翼」に身を包み、1日おきにドライアイスを届けてもらって、我が家で一週間も過ごしたからでしょうか、その間に魂が肉体から離れ、自分の近くにいるような感覚を持ち始めていて、リルやれ~ろのときと違い、火葬して肉体が無くなることに淡々とした気持ちになっていました。今から思いだしても、このときの気持ちはとても不思議なものでした。

住職さんにより火葬経が読まれ荼毘にふせられました。
11火葬場に


この日は、絶対にネガティブなことは言わない、パコに有難うの気持ちだけを伝える、笑顔でさようなら、と心に期して臨みました。涙は出たけど、良いお別れが出来たと思います。参列いただいた皆さんに涙され、パコに頑張ったねと声をかけていただき、私自身も救われた気持ちになりました。重かった心が少し軽くなった。お忙しいなかご焼香に来てくださった小梅さん、あんなさん、あんさくさん、美沙さん、本当に有難うございました。優しさに包まれてパコとお別れが出来ました。

この後、小梅さんとあんなさんは千葉の収容センターに、美沙さんは仕事に戻られました。

ところが、火葬時間は予定では1時間半から2時間。初七日は過ぎてしまっているので初七日法要はやらず、お骨あげで終了なので、12時半~1時には終わるはずだったのですが・・・。

普段斎場で用意している棺はダンボール製なのですが、こちらで用意したパコの棺は木製で重くて頑丈。火葬時間がかなりかかってしまい。3時間かけて来ていただいたあんさくさんをこれ以上お待たせするわけにも行かず、そして、も仕事で1時には出なくてはいけない・・・ということで。

まさかまさかのとりれらによる1人と1頭のお骨あげとなりました。
1220190402_12472 001 りれらとお骨あげをすることに

1220190402_12472 002りれら頑張れ

どうなるかと心配しましたが、スタッフさんの協力で、りれらもしっかりおつとめ出来ました。

結局火葬に3時間もかかり、綺麗に骨は残っているのかと不安になりましたが、びっくりするほどきれいに残っていて、小さな指の骨(↓)まで18本全部しっかりと残っていました。
1220190402_124721指の骨までしっかりと
本当にの形している。

小さなパコは更に小さくなりました。大好きなお家に帰ろうね。
1220190402_145114骨壺はれ~ろとお揃いのたまごちゃん
骨壺は、れ~ろとお揃いの「たまごちゃん」。

一日頑張ったりれらは帰りの車の中で熟睡していました。
1220190402_145101頑張ったりれら、すっかりお疲れ5
お疲れだったね、お骨あげの大役もしっかりできたね、ありがとう。

白木位牌(仮位牌)と骨壺は49日間、後飾り(中陰壇)に置きます。
1220190402_145116中陰壇へ
没日を一日めと数えて49日間、7日ごとに計7回、「浄土に送るか地獄に落とすか」の審議が行われるんだって(審議官は閻魔大王?)。だから、まだ仏さまになっていないのでお仏壇に入れてはいけないらしい。浄土真宗は亡くなってすぐ浄土に行くらしいけど。本来ならば7日ごとに「良いところに行けますように」と供養すべきところ、今は初めての審議をする初七日と最後に審判が下る七七日(49日)に法要するのが一般的。49日までの供養は繰り上げ供養は出来ても繰り下げ供養は審議が終わったあとだから意味がない、ということで、パコの葬儀でも初七日の供養はなし、となりました。



line




頑張ったパコをいっぱい褒めてあげよう、いっしょに楽しい時間を過ごしてくれて有難う、と何回も言って笑顔でお別れしようと、一日いっぱいいっぱいで頑張ったので、緊張が解れたからか、帰宅後38℃近くの熱を出して寝込みました。寝ている間泣いてたみたい。起きると涙の跡が。目も鼻も真っ赤になっていた。

死因のわからぬ突然死でショックは大きいけれど、リルやれ~ろを見送っているので、寂しさや空虚感はある意味「想定内」の感情。だけど、あんなに頑張って生きてきたパコを死なせてしまったことに、今までに持ったことのない、想像も出来なかったどうしようもない感情に襲われる。悔いは一生消えることはないけれど、今はその思いが頭の中をぐるぐると回っていて気持ちは静まらないままだけど、飢餓と喉の渇きでボロボロになってひとりぼっちで放浪を続けながらも生き抜いたパコ、最後の最後まで何度も奇跡を起こし頑張って生き抜いたパコを誇りに思う気持ちはしっかりと心にある。


一番寂しがっているのはではなくてりれらのようです。
DSC09472 Sりれらはまだ元気がないけど
りれらは最近中陰壇の前の座布団にいることが多い。
パコちゃんとお話してるの? なんて出来過ぎた話ではないけれど。

ごはんを食べたあとはパコのごはんをチェックして、パコのお皿も片づけてくれていたけど、今は片づけるのは自分のお皿だけ。パコのお皿を取りに行くそぶりをすることもなくなった。少しずつ、「ひとりっ娘」の生活のパターンが出来てきてはいるけど、パコが来て初日からひとつのマットでぴったりくっついて寝ていたくらい初めからパコのことが大好きで、8年近く何をするにもいつもパコといっしょだったからね、ひとりっこ生活もまもなく3週間になるのに、まだ元気がない。

少しずつでいいから、いっしょに元気になろうね。

あのときから時が止まってしまったけど、これから空白の時を少しずつ埋めていこう。



たまりにたまって山積みとなった郵便物もそろそろ整理しなくちゃ。。。



何をしても涙と溜息ばかり出てしまうけど。。。




img20190402

パコからお礼のメッセージ


img_2019040202.gif








*********************************************************************
いつも応援ありがとう。
ベビーれ~ろ(↓)を押すと日本ブログ村に飛びます。
にほんブログ村 犬ブログ ヨークシャーテリアへ
***にほんブログ村ランキング***




最後の夜~初七日~


2019年04月01日
☆月曜日☆

平成を生き抜いたよ20190307パコパコ、ありがとう


「れ~ろ☆と愛を届け隊」は ボランティアで構成する 動物保護団体「Arch」 の保護活動を応援しています。
「れ~ろ☆と愛を届け隊」プロジェクトは被災犬支援を目的に当Aブログで立ち上げました。

れ~ろと愛を届け隊ロゴ-のコピー


動物保護団体「Arch」は、センターで殺処分を待つ犬猫を保護し、各ボランティア宅にて一時預かりをして里親を探す活動をしています。



※しばらく支援品の受け取りをお休みさせていただきます。



スケジュールの都合で、葬儀より前に初七日を迎えました。

ご心配いただくメッセージをたくさんいただき有難うございます。

リルやれ~ろを見送っているので、別れに関してはそれなりの覚悟もありましたが、自分のせいでパコの死期を早めたという思い、何もかもがわからないままで心の整理がつきません。

やっと祭壇を作りました。 七七日忌までの後飾り棚。
祭壇作りました④blogsize

たくさんの、たくさんの方から応援していただいたのに。
花がいっぱい①
ごめんなさい。まだお礼も言ってなくて・・・パコはあんなに頑張ったのに、私は何を言ったらよいのか…葬儀のご報告と共に追ってご連絡させていただきますが、一足先にこの場でお礼申し上げます。不躾で申し訳ありません。こんなに華やかな祭壇が出来て、パコも喜んでいると思います。本当にありがとうございます。

パコさんはココ。 
パコさんココにいますblogsize①
お家が大好きだったパコさん、今日が最後の夜だね。
もっともっと長くここで過ごしたかったよね。ごめんね。

でも、明日は、ありがとう をいっぱい言って見送るよ。
だって、パコのこと大好きだから。

りれらもいっしょ①
りれらもいっしょに葬儀に参列します。大人しくしてくれればいいけど…ムリだろうな。

平日の朝にもかかわらず、ご焼香に来てくださる方もいらっしゃるので、しっかりとパコを見送ります。




Aiの結果の連絡がありました。

直接の死因は急性心不全であろう、との診断でした。



*********************************************************************
いつも応援ありがとう。
ベビーれ~ろ(↓)を押すと日本ブログ村に飛びます。
にほんブログ村 犬ブログ ヨークシャーテリアへ
***にほんブログ村ランキング***




Ai(死後診断)


2019年03月29日
☆金曜日☆

平成を生き抜いたよ20190307パコパコ、ありがとう


「れ~ろ☆と愛を届け隊」は ボランティアで構成する 動物保護団体「Arch」 の保護活動を応援しています。
「れ~ろ☆と愛を届け隊」プロジェクトは被災犬支援を目的に当Aブログで立ち上げました。

れ~ろと愛を届け隊ロゴ-のコピー


動物保護団体「Arch」は、センターで殺処分を待つ犬猫を保護し、各ボランティア宅にて一時預かりをして里親を探す活動をしています。



※しばらく支援品の受け取りをお休みさせていただきます。


たくさんのお別れのメッセージ、をいただき本当にありがとうございます。大切に有難く読ませていただいています。ブログへの公開コメントは私の気持ちがもう少し落ち着いてから公開させていただきますね。パコもいっぱいいっぱい喜んでいると思います。たくさんのお手紙を持って旅立たせてあげます。

りれらへのご心配のお言葉もいただいておりますが、実はりれら、元気ありません。
体調が悪いわけではないのですが、ひとりになりたがったり、りれらなりにパコがいないことを理解し、寂しさをこらえているのでしょう。ひとつのマットで寄り添って寝るくらいに初日からパコのことが大好きで、8年間、パコちゃん在りきの犬生でしたから。

そして私は、まだまだ頑張れたはずのパコを死なせてしまった自分が悔しくて情けないです。
自責の念から立ち直れません。手が震え息苦しくなります。

布団に潜るのが大好きだったパコ、リビングの自分のベッドで寝ているとばかり思っていて、ふと気づくとパコがいなくて、まさか、と布団をめくったら・・・ハァハァとしていたパコ。

体が熱く熱中症かと慌てて濡れたタオルで体を冷やし、一旦は自分で水をたくさん飲み、もう大丈夫、と思ったのに、ごはんの用意しても出てこない、いつもなら、耳も聞こえないのにごはんの用意をするといつのまにかキッチンの前に現れて、ゆっくりなクルクルをするのに、どうしたんだろう、と部屋に戻ると、立ち上がったまま後ろ足が動かず、体を前後に大きく揺らしていて。

「これはおかしい」と、すぐに病院に駆け込み、「熱中症です、緊急に診てください」と大騒ぎする私。
ところが、35度9分と低体温で、血液検査でも際立った異常な結果が何もなく、レントゲンでは肺が大きく白くなっていて、熱中症ではなく肺炎だと。 

でも、布団から出した時はに体は本当に熱かったし、ハァハァしてたし、それに、これまで咳をしたことなんて一度もない。誤嚥も認められず、何がなんだかわからず頭が混乱。 

呼吸がまだ荒かったので、病院の閉まる7時まで酸素室(ICU)に入れてもらうことにし、7時まで待機。
病院に戻ると、呼吸もだいぶ楽になり、夜の病院は無人になるので、このまま連れて帰り、明日の朝一に病院に来て酸素室に入れ、自宅で酸素室の設置が出来たら帰宅するようにしましょう、という話で、帰宅。立つことも出来ていたし、じきに治るだろう、と担当医も私もそのときはそう思って疑わなかった。

家に帰ったのは7時半~8時くらい、水は飲んだけどごはんは食べたがらず、呼吸は正常に戻っていたので、今日は疲れたからこのまま寝るのかな。。。と、このときは本当にいつものとおり、みんなのいるリビングルームで、自分のベッドで普通に寝ていた。

8時半、目が開いて、だんだんと呼吸がゆっくりになってきて、起きているのにぼぅっとした顔をするようになり、あれ、と聴診器を持ってきて心臓の鼓動をチェック、大丈夫、動いてる。 

「パコ、大丈夫?」と顔を撫でると、まるで返事をしているみたいに、大きく口を2回開けて、

そして、呼吸が止まった。

人工呼吸をしたけど、しろうとのやることが上手くいくわけもない。

聴診器から聞こえる心臓の音が少しずつ少しずつ静かになり、そして、聞こえなくなった。


頭の中が真っ白になった。

これまであんなに頑張ってきたのに、なんでこんなにあっけなく逝っちゃったのか。


翌日、担当医にパコの急逝を連絡、担当医もとにかく驚いていた。
肺炎とはいえ致命的な症状ではなかった。
「多分、どの臓器もいっぱいいっぱいに頑張っていて、最後に多臓器不全になったのかもしれませんね。」と。


死因をどうしても知りたい。別病院でAi (オートプシー・イメージング)を受けることにした。
剖検(解剖)を託す勇気はないので、CT、エコー、レントゲンによる画像診断。

20190327_181609.jpg

冷たくなったパコをカートに乗せて病院の待合室て待つのは何とも不思議な感覚で、頭には何も思い浮かばず、目でテレビは見ていても音は耳にはいってこない。
「今、私は何をしているんだろう?」
病院のスタッフは気を遣ってくれているのだろう、感情を出さず淡々と対応してくれた。
最後の会計を済ませたときに、いつものクセで「お大事に」と言いかけて、「失礼しました」って慌ててたけど。


詳しい結果は一週間後になるけど、今の時点で・・・死因はやっぱりわからなかった。 

脳にも内臓にも、あらゆる臓器に異常は見られなかった。脳その他に腫瘍もない。
熱中症だとすれば、急性腎不全などの異変が出てもおかしくないが、それもない。

体の数カ所に内出血が見られ血栓症のようだが、それだと血液検査で血小板数に異常がないと辻褄があわない。
肺炎にはなっていたことは間違いない。


結果は来週もっと詳しくわかると思うけど、多分、それほど新しい発見はないだろう。


原因不明。


「直接の死因は見つからないかもしれないけど、だいぶお歳のコだし、天寿を全うしたんじゃないでしょうか」
と言われても、原因はわからなくても、きっかけとなったのは、布団の中に潜り込んでしまったことであることは確か。

最初の異変に気付いたのは、布団からでたとき。
布団に入っていることに気づかなかったのは私の責任。

目が見えなくて力のなかったパコは布団の外に出たくても出られなかったはず。
パコが布団に潜り込んでいたことに気づかなかった自分の不注意に他ならない。
自分の馬鹿さ加減が悔しくて情けなくて自分に怒りをぶつけることしか出来ない。
自分で自分が悔しくて仕方ない。

もっと早く気づいていれば、今でもパコは頑張って生きていたはず。
「胆管閉塞」「胆嚢粘液嚢腫」の完治、という、とてつもない奇跡を起こしてくれたパコなのに、ずっとずっと、2人5脚で頑張ろうね、って言っていたのに、私がパコを裏切ってしまった。

パコを失った私の悲しみや寂しさは例えようのないくらいに大きいけれど、それは、もっともっと頑張れたパコを死なせてしまった悔しさと虚しさの裏側にある。



今、パコはまだ家にいます。

葬儀は来週火曜日になりました。 

それまで、ドライアイスで冷たくなったパコに ありがとう と ごめんね を毎日伝えることしか今の私に出来ることはありません。

パコは本当に優しくて面白くていいコだった。
「諦めないこと」の大切さを教えてくれた。

こんな馬鹿な飼い主だけど、入院していたとき、あんなに辛そうなパコが、帰宅してからとても楽しそうに過ごし、最後の最後までおいしそうにゴハンを食べてくれたこと、それだけが救いです。



最後に・・・


腎不全や胆嚢粘液嚢腫と闘っているお友だちへ。


パコと同じ病気と闘っているお友だちは、パコの急逝に驚きと不安を持ったと思います。

だから、これだけは声を大にして伝えたいです。

腎臓も胆嚢も肝臓も、画像からも血液検査からも異常は全く見つかりませんでした。

CTを撮るのは1月以来2回めです。

1月、ERで撮ったときは、腎臓の萎縮が見られ、健康な腎臓ではないことは明らかでした。
(腎不全とわかっていたのでそれには大きな驚きはありませんでした。)

でも、今回の検査で、パコの腎臓はそれからほとんど悪化していませんでした。
腎不全末期と言われても、進行は抑えられます。腎臓だけ見れば、このまま1年や2年、もしかしたらそれ以上、大丈夫だったかもしれません。

パコの死因は腎不全ではありません、これは確定されています。だから、今のまま治療を続けていれば、絶対に効果はあります。
頑張ってください。

そして、粘液嚢腫は、本当に全部消えてました。
パコのように、手術しなければ胆嚢破裂するのに手術が出来ない、という状況であっても決して希望は捨てないでください。

病気のお友だち、みんな 頑張れ!












*********************************************************************
いつも応援ありがとう。
ベビーれ~ろ(↓)を押すと日本ブログ村に飛びます。
にほんブログ村 犬ブログ ヨークシャーテリアへ
***にほんブログ村ランキング***




2019年3月26日夜8時半、永眠。


2019年03月27日
☆水曜日☆

平成を生き抜いたよ20190307パコパコ、ありがとう


「れ~ろ☆と愛を届け隊」は ボランティアで構成する 動物保護団体「Arch」 の保護活動を応援しています。
「れ~ろ☆と愛を届け隊」プロジェクトは被災犬支援を目的に当Aブログで立ち上げました。

れ~ろと愛を届け隊ロゴ-のコピー


動物保護団体「Arch」は、センターで殺処分を待つ犬猫を保護し、各ボランティア宅にて一時預かりをして里親を探す活動をしています。



※しばらく支援品の受け取りをお休みさせていただきます。



image3441.gif  image3441.gif  image3441.gif  image3441.gif  image3441.gif



2019年3月26日夜8時半、パコが永眠いたしました。

朝まで元気よく歩き、ごはんもいっぱい食べていたのですが。
肺炎だそうです。

病院から連れて帰ったときも、じきに治ると思っていました。
酸素室があったほうが楽でしょう、とのことで、翌日には人間もいっしょに入れる大きな酸素室をレンタルする予定でいました。

家族みんなが見守るなか、全く苦しむことなく、本当に眠るように静かに安らかに旅立ちました。
あまりにあっけなさすぎて、すぐには実感できなかったほどです。
ただ、ただ、本当にパコは頑張った、あっぱれだよ、と その言葉ばかりを繰り返してました。

腎不全の治療も獣医さんに「信じられない」と言われるほど上手くいってました。

2ヶ月前、突然の胆管閉塞になったときは死の淵から2度の奇跡の生還をしてくれました。
そして、これは本当に最後の大奇跡だったのですが、胆管閉塞の原因であった胆嚢の粘液嚢腫が消えてなくなっていました。あまりに「あり得ない」ことだったので、獣医さんも私も、セカンドオピニオン、サードオピニオンを仰ぎ、やっと確信し、もう手術をする必要なく、正常な状態に戻った、と 安堵していたところでした。

腎不全や胆管閉塞に果敢に闘っていたパコさんが、ここでこんなにあっけなく逝ってしまうなんて。
なぜ突然こんなことになったのか・・・。 なぜ肺炎に…。

わからないけど、パコはもう戻ってきません。


8年前の今頃、パコはボロボロになって、ひとりで放浪していました。どんなに悲しくて不安だったことでしょう。我が家に来てから8年近く、うるさい妹に喝を入れながら、独特のキャラでのんびりマイペースに過ごしてくれました。

自称15歳だけど、獣医さんからは18歳~20歳くらいかも、と言われていました。

最後の最後まで、元気に歩いてくれていっぱい食べてくれて、下痢とか嘔吐もなく、本当に、「じゃぁ、そろそろ寝るね」って感じでした。クールなパコらしい最後だったと思います。

今は、あまりに突然すぎて、何をしてよいのか、全く頭が回りません。

今まで本当にたくさんのエールを送ってくれてありがとうございました。

もしお時間あったら、コメントでもラインでもメールでも非コメでも…パコにお別れのメッセージを書いてやってください。プリントして、パコの旅立ちに持たせたいと思います。

IMG_4759ar - コピー
パコ、パコは本当にたくさんの幸せと喜びをもたらしてくれたよ。 ありがとう。










*********************************************************************
いつも応援ありがとう。
ベビーれ~ろ(↓)を押すと日本ブログ村に飛びます。
にほんブログ村 犬ブログ ヨークシャーテリアへ
***にほんブログ村ランキング***




今日はれ~ろの誕生日だから


2019年03月25日
☆月曜日☆

2018年11月08日サプレママさんからプリンをいただきました大好きな神戸プリン♪いつもありがとうございます♪♪

「れ~ろ☆と愛を届け隊」は ボランティアで構成する 動物保護団体「Arch」 の保護活動を応援しています。
「れ~ろ☆と愛を届け隊」プロジェクトは被災犬支援を目的に当Aブログで立ち上げました。

れ~ろと愛を届け隊ロゴ-のコピー


動物保護団体「Arch」は、センターで殺処分を待つ犬猫を保護し、各ボランティア宅にて一時預かりをして里親を探す活動をしています。



※しばらく支援品の受け取りをお休みさせていただきます。



image3441.gif  image3441.gif  image3441.gif  image3441.gif  image3441.gif


もう一週間経っちゃいましたが。

3月18日はれ~ろの誕生日でした💕
今日はれ~ろの誕生日♪2019GIF

20190318れ~ろの誕生日01forblog

20190318れ~ろの誕生日01forblog (2)

20190318れ~ろの誕生日04forblog

20190318anigif.gif

何回もお見合いをして、

2回の人工授精をして、

真夜中に病院に飛び込んで生まれたれ~ろ。 
2019031_forblog.jpg

特技は音楽に合わせて歌うこと。 れ~ろの歌をもう一度聞きたいよ。。

あれから23年。時が経つのは早い。



*********************************************************************
いつも応援ありがとう。
ベビーれ~ろ(↓)を押すと日本ブログ村に飛びます。
にほんブログ村 犬ブログ ヨークシャーテリアへ
***にほんブログ村ランキング***




2019年1月&2月に届いた株主優待品


2019年03月21日
☆木曜日☆

2018年10月26日卑弥呼さんからピーナッツ、枝豆、ニンニクmさつま芋をいただきました

「れ~ろ☆と愛を届け隊」は ボランティアで構成する 動物保護団体「Arch」 の保護活動を応援しています。
「れ~ろ☆と愛を届け隊」プロジェクトは被災犬支援を目的に当Aブログで立ち上げました。

れ~ろと愛を届け隊ロゴ-のコピー


動物保護団体「Arch」は、センターで殺処分を待つ犬猫を保護し、各ボランティア宅にて一時預かりをして里親を探す活動をしています。



※しばらく支援品の受け取りをお休みさせていただきます。



image3441.gif  image3441.gif  image3441.gif  image3441.gif  image3441.gif



すっかりおサボリしてしまいました。
1月・2月に届いた株主優待品、まとめてご紹介です。

(616) 2019年01月到着 ファースト住建

(617)2019年01月到着 デリカフーズHD

(618)2019年02月到着マルコー(MRKホールディングス)

(619)2019年02月到着 ロングライフHD

(620)2019年02月到着 マルカキカイ

(621)2019年02月到着 ワタミ

(622)2019年02月到着 スターマイカ

パコがいつも下を向いているのは、ごはんを探しているから。
起きているときはごはんの事しか考えていない。
それも、ま、いっか。。。(^^)



*********************************************************************
いつも応援ありがとう。
ベビーれ~ろ(↓)を押すと日本ブログ村に飛びます。
にほんブログ村 犬ブログ ヨークシャーテリアへ
***にほんブログ村ランキング***




【犬の胆管閉塞】余命1日宣告から2ヶ月


2019年03月18日
☆月曜日☆

プーママンさんから、バウムクーヘンと紅茶をいただきました。2018年10月15日お礼miniプーママンさんからバウムクーヘンをいただきました♥くまさんのまくら♥だって、かわいいなぁ。いつもエールをありがとう♪


「れ~ろ☆と愛を届け隊」は ボランティアで構成する 動物保護団体「Arch」 の保護活動を応援しています。
「れ~ろ☆と愛を届け隊」プロジェクトは被災犬支援を目的に当Aブログで立ち上げました。

れ~ろと愛を届け隊ロゴ-のコピー


動物保護団体「Arch」は、センターで殺処分を待つ犬猫を保護し、各ボランティア宅にて一時預かりをして里親を探す活動をしています。



※しばらく支援品の受け取りをお休みさせていただきます。



image3441.gif  image3441.gif  image3441.gif  image3441.gif  image3441.gif



ご無沙汰してしまいました。おともだちワンコさんの訃報が同じ日に2つも届き、ショックが大きくて、更に自分の体調にも怪しいものが出てきて気分がどっと落ち込んでいて、ブログやインスタを更新出来ないまま日が過ぎてしまいました。パコのことでいっぱい応援や励ましをいただいているのにいつまでもご報告しないまま、というわけにはいかない、と、本日よりインスタ&ブログにマジメに取り組もう、と新たに決心したです。


突然昏睡状態に陥ったあの「魔の日」からすでに2ヶ月が過ぎました。
パコは日々、のんびりまったり過ごしています。下痢・嘔吐もなく、食欲旺盛で、超☆スローなクルクルも。

体重はなかなか増えず、1.5キロあたりでウロウロ。骨と皮だけの足でよく歩けるなって思いますが、よく歩いています。腎貧血を含め、腎臓へのダメージは大きかったけど、肝臓&胆嚢関連の数値 GPT/ALT GOT/AST GGT/γGTP は正常値に戻りました。ALPも、僅か2ヶ月で最悪時8666から375(基準値 47-254)と、劇的な改善。Tbil(黄疸指数)も正常になり、黄色かった目も白くなりました(白くなりすぎて、白内障で白くなった部分が以前に比べて大きくなったんだけど・・・なんでだろう??? )。

この劇的改善は現代獣医学の限界を飛び越えてしまった奇跡的なことですが、この奇跡に至るまで、本当にたくさんの奇跡と幸運があり、たくさんの協力がありました。

意識がない状態なのに担当医がERへの入院・手術を手配してくれたこと、あの容態でERが引き受けてくれたこと。
手術は出来なかったけど、あのまま自宅にいたら間違いなく今パコは生きていない。
ERで24時間体制の管理があったから命が繋がり、今の奇跡がある。 

24時間緊急受付をする動物病院は多いけど、昼も夜も夜中もかわらぬ体制で管理する動物病院は全国で5つほどしかないそうです。そういう病院が車で30分ほどのところにあったことは幸運でしかない。

筋力が衰えて、昔のように元気モリモリではないけれど、いっぱい食べて、 トコトコ歩いて、いっぱい寝て、私がいないと吠えて怒り、帰ってくるとパコなりに喜んでくれる。あとどれだけの時間が残されているかわからないけど、ここまで頑張ってくれたパコだから、このままのんびりと過ごしてほしい。

image3441.gif  image3441.gif  image3441.gif  image3441.gif  image3441.gif



ちょっと振り返ってひな祭り。
まさかね、パコといっしょに迎えられるなんてね。
久しぶりに手作りの雛飾りを出しました。
2019年3月03日おひなさまSS


20190303ハンドメイドのお雛様いろいろ

リーパコと過ごせたひな祭り、感激でした。
20190303hinamatsuri07(blogsize).jpg


まだまだ超えなければならない山は色々あるけれど、ひとまず、新しい元号の時代まで皆で生き抜けよう!


*********************************************************************
いつも応援ありがとう。
ベビーれ~ろ(↓)を押すと日本ブログ村に飛びます。
にほんブログ村 犬ブログ ヨークシャーテリアへ
***にほんブログ村ランキング***




【犬の腎不全】療法食の成分を徹底比較(ドライフード編)


2019年03月09日
☆土曜日☆

あるみさんから、パコの祝生誕にかわいいネーム入りマットをいただきました。2018年10月12日miniあるみさんからカフェマットをいただきました かわいいうえに蚊帳生地とガーゼの素材で洗濯もしやすく、カフェではくつろぎマットにお食事マットにと大活躍♪


「れ~ろ☆と愛を届け隊」は ボランティアで構成する 動物保護団体「Arch」 の保護活動を応援しています。
「れ~ろ☆と愛を届け隊」プロジェクトは被災犬支援を目的に当Aブログで立ち上げました。

れ~ろと愛を届け隊ロゴ-のコピー


動物保護団体「Arch」は、センターで殺処分を待つ犬猫を保護し、各ボランティア宅にて一時預かりをして里親を探す活動をしています。



※しばらく支援品の受け取りをお休みさせていただきます。



image3441.gif  image3441.gif  image3441.gif  image3441.gif  image3441.gif



いつもパコに応援や励ましのメッセージをいただき有難うございます。おかげさまで、パコの胆嚢&肝臓は(爆弾を抱えてはいるものの)落ち着いています。2.3キロから最小1.34キロにまで落ちた体重は1.5キロ付近でウロウロしていますが、食欲も旺盛になり、食事回数が6回(それでも10回から大幅激減!)であることを除けば、以前と変わらぬ生活が出来るようになりました。


image3441.gif  image3441.gif  image3441.gif  image3441.gif  image3441.gif


本日は、腎臓病用療法食の栄養成分比較のご紹介をいたします。

パコの腎不全がわかって11ヶ月が過ぎました。
ホモトキを開始し手作り食にしてわずか一ヶ月でBUNとCreが正常値に戻り、以来点滴をやめてもずっと維持出来ていたのに(Pはずっと正常)、胆管閉塞で腎臓は大ダメージを受けてしまいました。腎臓ケアはマイナスからのリスタート、今は点滴も一日おきです。

でも、頑張んなくちゃね、諦めたら先はなくなるんだから。
と、毎日、胆嚢、肝臓、腎臓に負担にならない献立作りに奮闘しているです。

は色々調べ考えた結果、最終的に手作り食にしたけれど、手作りにすべき、療法食にすべき、といった絶対的な考えはもっていません。以前に比べると腎ケアの療法食もかなり多くなり、パコの腎不全がわかったときは、ありとあらゆる療法食を買いまくり比較しました。

サンプルをもらっては試す...というのが面倒なは例によって得意の大人買い(^^)。 
ドライフード集合
購入したのは、
「デイリースタイル 腎臓ケア」 
「みらいのドッグフード 腎臓食」 
「ナチュラルハーベスト キドニア」 
「アニモンダ ニーレン」 
「ドクターズケア キドニーケア」 
「ヒルズ k/d」 
「フォルツア10 リナールアクティブ」 
「JPスタイル キドニーキープ」 
「ハッピードッグ サノN(腎臓)」
の9種類。

あれから1年近く経っているので、更に種類は増えていそうですが、そのときに作った成分比較表は療法食をご利用の飼い主さんにはフード選びの参考に、手作り食の飼い主さんにとっては栄養分量の目安になるかと思います。

まずはドライフード100gで比較。其々の製品の特長がわかります。

腎臓療法食成分表(100g)



同じ分量での比較は製品の特長を見るにはわかりやすいですが、重要なのは、それぞれの成分を一日何g、何㎎摂取するか、なので、各社推奨の2キロの犬への適正給餌量で計算(今は1.5キロになってしまったけど、当時のパコは2キロだったので)。 赤字が最大量のフード、青字が最小量のフードです。

腎臓療法食成分表(体重2キロ)

「デイリースタイル」と「みらいのドッグフード」の総合カロリーが極端に少ない。20gって、一日で15粒くらい? 朝晩2回だと7~8粒ずつ??? これじゃぁ、おなか空いて仕方ないよね、痩せて体力なくなって免疫力が低下して、別の病気になったりしそう。。。吸収力が良いから少量でOK、ということでしょうか。この2社はメジャーなブランドじゃないけど、共通して、広告がちょいとウザイ。ステマブログ多すぎ。うち一社は、成分について問い合わせたら、なんかうやむやな返事しかもらえなかった。


的には、カロリー摂取量の保持はQOL維持にもっとも大切なものと考えているので、同カロリーでの栄養分量の比較も必要。色々な計算方法があって、2キロ犬(高齢)に必要な摂取カロリーも計算によって 138kcal~170kcalと幅があるけど、パコは160kcalを目安にしていたので、次は、160kcalを採った場合での比較。 
※栄養の吸収率の良し悪しがあるので単純な比較にならないことは前述の通り。
腎臓療法食成分表(160kcal)
同じ「腎臓病療法食」といっても、栄養分の割合がこんなに違うのです。
そして、療法食はいわゆる「総合栄養食」ではないので、長期間食べ続けるべきものではない。
けど、それをきちんと理解し指導してくれる獣医さんはどれくらいいるだろうか。

フォルツァ10 では、症状緩和が見られた場合の切替フードを用意している。
フォルツァ10にはタンパク質に関して質問したところ、フード開発に携わったイタリアの獣医さんから「現代医学では(尿毒症が見られるなどの末期を除き)蛋白質制限はしないほうがいいと考えられている。パコには8.1gまで摂取させてよい。大切なのはリン、ナトリウムの低減と水分の補給。」との丁寧な返事をいただいた。


パコの場合、徹底した蛋白質量制限(正確にはリン制限)の手作り食にしてわずか一ヶ月でストンとBUN19まで下がりましたが、腎臓病のコは、普通に食事していたらBUNはあがるものなので、無理やり数字合わせに必死になるよりも、食欲減退などの症状が出ない限り、とりあえず安定した後は、BUNが50-60くらいになっても、蛋白質を含め、きちんと栄養を摂って体力維持に努めるべき、と考えています。ここは、フォルツア10のイタリアの獣医さんと同じ意見(蛋白質を8.1gまで増やす勇気はなかったけど)。B病院、C病院の獣医さんも然り。

カロリーを重視するか、メーカーの指示通りの分量にするか、BUNが気になるなら蛋白質制限を重視、リンが高値になったらよりリン量の少ないフードに、ナトリウムやカリウムが上昇してきたらより含有量の少ないフードに移行する、など目的によって選ぶフードは変わってくるし、栄養が偏らないようローテが必要かもしれません。

獣医大学ではいわゆる栄養学の授業はありません。かつて東京大学附属動物医療センターの獣医さんが「食事のことはわからないのでドッグフードをおすすめするのが現実」と言っておられましたが、そのように正直に話してもらえればいいけど、ご自身で興味持って勉強されている熱心な獣医さんは別として、フード会社の営業マンのウケウリの知識だけで療法食をおすすめしている獣医さんが多いのが現状ではないでしょうか。そして、「療法食なら何でもいいから食いつきのいいものを選んで」と。真剣に比較できるのは飼い主しかいない!のです。

いずれにしても、一日の摂取カロリーや各栄養素の摂取量を把握することは飼い主にとって必要不可欠なものであること、そして、腎臓病用食事療法は手作りにしろ療法食にしろ、「偏った」栄養配分であることは確かなので、血液検査では、リンはもちろんのこと、定期的に電解質の検査もしたほうが良いと思います。特に点滴治療をしている場合は、カリウム、クローム、ナトリウムが高値になる場合があり、点滴の種類を変更するなどの処置が必要になることがあります。さすがにP(リン)を調べない獣医さんはいないと思いますが、(費用的なことを考慮して)電解質までは調べない獣医さんも多いので、毎回ではなくても、たまーに、飼い主さんのほうから「電解質を調べてほしい」と申し出てみてください。まずは「必要ない」と断る獣医さんはいないはず。

最期に、アレルギーのあるワンコさんの場合は一番に気になる 「原材料」の比較。アレルギー等の考慮はもちろんのこと、飼い主さんにとって「出来れば与えたくない」原材料を使用しているものもあるかもしれません。アレルギーが出やすいものを含め、「これって犬に良くないものじゃないの?」と一般的に言われているものは赤文字にしてあります。この判断は飼い主さんの考え方次第。

腎臓療法食原材料①

腎臓療法食原材料②

何を基準に選択するかはわんこさんの状況や飼い主さんの考え方次第ですが、これら比較表が参考になれば幸いです。


腎臓病の現代治療については、こちらのサイト(dogaware.com⇒はコチラ)がとても参考になります。未だ古い考え(今では間違っていることが判明していることを含め)に基づいて治療している獣医さんも多いと聞きますので、「英語メンドー!」な方でも、ぜひ翻訳ソフトを使って読んでみてください。腎臓病に限らず、最新医療の情報が常に更新され、今の治療方針が本当に正しいのかを知るためにも役に立ちますよ。

ただ、翻訳ソフトだと、時に全く反対の訳になることもあるので、「これ本当?」「これってどうなの?」「この意味わかんない」っていう部分があったら、非コメ欄(↓)より、遠慮なく質問してくださいませ。のわかる範囲内、できる範囲内でお答えいたします。一応、は出版翻訳家のプロですが、お代はいただきませんことよ(^^) ただ、お返事まで10日ほどかかるかもしれないので、気長に待っていただける方に限ります(´∀`*;)ゞ

ウエットフード編もアップの予定でーす… (ん? いつになる?(-∀-) )


*********************************************************************
いつも応援ありがとう。
ベビーれ~ろ(↓)を押すと日本ブログ村に飛びます。
にほんブログ村 犬ブログ ヨークシャーテリアへ
***にほんブログ村ランキング***




8歳になりました


2019年03月07日
☆木曜日☆

みやかー3さんから大好きなバウムクーヘンを山ほどいただきました。2018年09月19日みやかー3さんからバウムクーヘンをいっぱいいただきましたminiこのうえなき幸せ…フリマのおやつタイムでも美味しくいただきました


「れ~ろ☆と愛を届け隊」は ボランティアで構成する 動物保護団体「Arch」 の保護活動を応援しています。
「れ~ろ☆と愛を届け隊」プロジェクトは被災犬支援を目的に当Aブログで立ち上げました。

れ~ろと愛を届け隊ロゴ-のコピー


動物保護団体「Arch」は、センターで殺処分を待つ犬猫を保護し、各ボランティア宅にて一時預かりをして里親を探す活動をしています。



※しばらく支援品の受け取りをお休みさせていただきます。



image3441.gif  image3441.gif  image3441.gif  image3441.gif  image3441.gif



すっかりご無沙汰してしまいました。

2月27日はりれらのお誕生日でした。8歳になりました。立派なオバチャンのお年頃。
8歳になったよ♪(写真は7歳の誕生日だけど)SS
(写真は去年の誕生日の使いまわし^^;)



りれらのお誕生日には、『河津桜祭り&温泉三昧の伊豆旅行+マグロの頭のケーキで誕生日パーティー』が毎年の恒例ですが、パコの病気のため、今年はスイスレストランでお祝い。

毎年お誕生日パーティーは、主役がドレス、ホスト役はタキシードの装いにしているけど、れ~ろが着ていたタキシード、たださえ大きいのに更に痩せてしまったパコには大きすぎて。
20190227LylerasBCphoto06SS.jpg

歩くと前足が洋服の中に入っちゃうので、パコもいっしょにドレスアップしちゃいました。
2019年02月27日りれら8歳の誕生日withパコSS

りれらへ~パコのことで我慢することいっぱいだったけど、いっぱい頑張ってくれてありがとう!

パコへ~りれらの誕生日まで、頑張ってくれてありがとう!

皆でいっしょにりれらのお誕生日をレストランでお祝い出来るなんて、一ヶ月前は考えられなかったよ。
夢のようだよ。
20190226@セントバーナードfor Lyleras BDparty①

のオーダーメニューはフォンデュブルギニオン。
20190226@セントバーナードfor Lyleras BDparty②
落ち着いて…っていうのはウソかな(^^;) 気持ちはそうなんだけど、実際は「自分のゴハンはまだ?」って大騒ぎのリーパコを押さえながら必死に食べた(笑

リーパコのゴハンがやってきたよ。
20190226_191344SS.jpg
パコには「リンゴと白菜のサラダ」半分&持参のゴハン。
りれらには「蝦夷鹿肉のカルパッチョ」と「リンゴと白菜のサラダ」半分。

「早くたべさせろー!」と吠えているリーパコの下に写っているのは、自宅から持参した「本日の献立リスト」とゴハンと特製ドリンク。
20190227LylerasBDphoto10.jpg
このレストランのドッグメニューは栄養士監修で、栄養成分と量がキチンと明記されているので、あらかじめレストランでのメニュー込みでこの日の献立作りをしておきました。だから安心してパコにも食べさせてあげられました。

パコは何でもおいしく食べてくれるので本当に有難い。

20190226@セントバーナードfor Lyleras BDparty③



image3441.gif  image3441.gif  image3441.gif  image3441.gif  image3441.gif



そして駐車場までの帰り道、人も車もない道でパコを歩かせてみた。
20190226@セントバーナードfor-Lyleras-BDparty4④
一ヶ月半ぶりに外を歩いたよ!
普通なら当たり前のことが、涙が出るくらいうれしくて感動しちゃうです。



image3441.gif  image3441.gif  image3441.gif  image3441.gif  image3441.gif



今日はりれらが主役!

HAPPY BIRTHDAY、LYLERA!
[広告]


りれらも立派なシニアエイジ。
気管虚脱もだんだん酷くなってきたから専門病院で診てもらわなくちゃ。
これからは健康診断も年2-3回は必要だね。

まだまだリーパコいっしょにがんばろうね。



*********************************************************************
いつも応援ありがとう。
ベビーれ~ろ(↓)を押すと日本ブログ村に飛びます。
にほんブログ村 犬ブログ ヨークシャーテリアへ
***にほんブログ村ランキング***




☆ブログの紹介☆

 703△

Author: 703△
(れ~ろのおばーちゃん)

いくつもの病気を抱えても明るく楽しく生きたヨークシャテリアの男の子、れ~ろくんの14歳5ヶ月からの記録としてブログをはじめました。東京在住。

にほんブログ村 犬ブログ ヨークシャーテリアへ
. .




東京都交通局により, ブログタイトルを名付けた木が府中街道の 街路樹に植樹されました。


カウントダウンタイマー
☆れ~ろくん☆

1996年3月18日~
~2011年3月29日
享年 15歳11日
虹の橋組 8年生

NewYork生まれ
NewYork&東京育ちのやんちゃ坊主。
たくさんの病気を抱えても超元気な犬生全う!
☆りる☆ちゃん
☆れ~ろのママ☆

1990年8月24日
~2004年12月24日
享年 14歳4ヶ月
虹の橋組 15年生

Iowa生まれ NY育ち
超お嬢様のりるちゃん。
人工授精でれ~ろを産みました。
れ~ろはりるにべったりのマザコン息子でした。
パコ&りれら
☆パコ&りれら☆

パコの家の子記念日  7月5日
パコの生誕お祝い日 9月の祝日
保護されたとき(2011年)の
推定年齢7歳~10歳。

りれらの誕生日
2011年2月27日

保護犬のパコ&セレブな生まれのりれらは大の仲良し姉妹。

れ~ろ☆と愛を届け隊    Great Supporters 2018
00 all members
お友だち募集中
☆お友達になってね☆

リンクフリーです♪
命のバトン
当ブログは、ペットショップ、ネットオークション、およびWeb(法人・個人共)での犬の生体展示販売・販売用生体写真掲載に断固反対いたします。

埼玉鴻巣ブリーダー崩壊 犬54頭

ペットショップに行く前に…
ぜひ、保護犬の里親になることを検討してみてください。
いつでも里親募集中

パコを助けてくれた保護団体。



ARChバナー

かわいい子たちが里親さんとの出会いを待ってます!
ご支援金 振込先
ゆうちょ銀行
記号 10170
口座番号 91645191
口座名 レーロトアイヲトドケタイ

(他行よりお振込み)

店名 〇一八(読み ゼロイチハチ)
店番 018
預金種目 普通預金
口座番号 9164519
口座名 レーロトアイヲトドケタイ

収支報告はこちらです⇒れ~ろと愛を届け隊収支報告
カレンダー
03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
カテゴリ
月別アーカイブ
♥ Thank you ♥
(2014年4月からカウント中)
最新記事
検索フォーム
RSSリンクの表示