2日間で21頭のシーズーMIXを保護


2017年01月29日
☆日曜日☆

土肥桜が満開だって!



「れ~ろ☆と愛を届け隊」は ボランティアで構成する 動物保護団体「Arch」 の保護活動を応援しています。
「れ~ろ☆と愛を届け隊」プロジェクトは被災犬支援を目的に当ブログで立ち上げました。

れ~ろと愛を届け隊ロゴ-のコピー

動物保護団体「Arch」は、センターで殺処分を待つ犬猫を保護し、各ボランティア宅にて一時預かりをして里親を探す活動をしています。

当ブログへのご支援に関するお問い合わせはこちらのメールフォームからお願いいたします⇒メールフォーム

下線の入ったお名前はご支援者さまのブログに飛びます。

【ご連絡掲示板】

ぶらっくこーひーさま…ご連絡ありがとうございます。メールさせていただきました。何卒よろしくお願いいたします。



お誕生日
 (ご支援者さまのペットさんのお誕生日)
ご支援いただいた日から一年以内に迎えるペットさんのお誕生日カードをアップさせていただいています。

サンちゃん、お誕生日おめでとう

2017-01-28- サンちゃん(9歳)-の誕生日

(サンちゃんのはコッチだよノーベル賞候補犬 サンちゃん


image3441.gif  image3441.gif  image3441.gif  image3441.gif  image3441.gif



イヤークリーナーの大人買い。
DSC_2296.jpg


image3441.gif  image3441.gif  image3441.gif  image3441.gif  image3441.gif



相変わらずの2016年ネタでございます。

12月中旬、浅草で2016年最後の里親会がありました。

今回訪問した目的は、ご支援品&クリスマスプレゼントを届けること。
12月里親会


いつもだと、このまま浅草を後にしますが、今回はドッグカフェに立ち寄ることに。

里親会会場から徒歩で行ける場所に ある、「L-pin、s」。
2016年12月17日浅草L-pins
浅草も色々ワン連れ開拓してみたくなりました。

image3441.gif  image3441.gif  image3441.gif  image3441.gif  image3441.gif



里親会の頃、実はARChはてんやわんやの大忙しでした。

かつてからセンター経由で相談されていた、多頭崩壊の引き取りがいよいよ実行されることになり、
12月16日に6頭、年末が押し迫る12月27日に15頭を引き取りました。
スタッフさん、雨の中、広い敷地内をカッパも脱ぎ捨て逃げ回るワンコと大奮闘されたようです。

幸いきちんと食事だけはもらっていたようで、重大な疾患を持つコもいなかったようです。
1歳未満~2、3歳の若くてかわいいコばかり。シーズーとプードルのミックスかな。顔長のコはテリア系が入っているかも。
シーズーMIX
さすがに若くて元気で可愛いコたちは、里親も早くみつかる。
すでに1頭が正式譲渡を終え、7頭がトライアル中、3頭がトライアル準備。

現在、10頭のワンズがご縁をお待ちしております。
新しく犬を迎えたい、という方いらっしゃったら、ぜひ、里親になることをご検討くださいね。



image3441.gif  image3441.gif  image3441.gif  image3441.gif  image3441.gif


この多頭飼育崩壊で救出された保護犬たち、耳の状態が良くないコが多い・・・ということで、↑冒頭のイヤークリーナーは、このコたちのために買ったものでした~。

たまには、リーパコにお洋服を買ってあげようかな、と思っていたけど、新年早々、リーパコへのプレゼントは、保護犬たちのイヤークリーナーになってしまいました(^^;)

リーパコのつぶやき のコピー
そう思ってくれていることを願うよ。。。


*********************************************************************
いつも応援ありがとう
ベビーれ~ろ(↓)にポチっとヨロシクです
クリック   クリック
にほんブログ村 犬ブログ ヨークシャーテリアへ
***にほんブログ村ランキング参加中***

非公開コメはコチラからお願いします⇒非公開コメント専用フォーム

野菜のように積まれた犬猫たち


2016年07月26日
☆火曜日☆

8月から完全復帰の予定です~♪


「れ~ろ☆と愛を届け隊」は ボランティアで構成する 動物保護団体「Arch」 の保護活動を応援しています。
「れ~ろ☆と愛を届け隊」プロジェクトは被災犬支援を目的に当ブログで立ち上げました。

れ~ろと愛を届け隊(S)

ご支援のお申込み・お問い合わせはこちらのメールフォームからお願いいたします⇒メールフォーム
(クリックで飛びます)。

動物保護団体「Arch」は、センターで殺処分を待つ犬猫を保護し、各ボランティア宅にて一時預かりをして里親を探す活動をしています。



image3441.gif  image3441.gif  image3441.gif  image3441.gif  image3441.gif


引っ越しで、ダイニングテーブルもコンピューターディスクも捨てたはいいけど、新しい家具をまだ買ってないので、折り畳み座卓の上にコンピューターを置いている、床に座り続けるのはキツい(><)。先に椅子だけ届いた・・・んだけどね(^^;)・・・

やっと気に入ったコンピューターデスクを見つけたので、環境が整う8月からはちゃーんとブログを更新して、遅くなりすぎているご支援報告も怒涛の勢いでする所存でございます。



image3441.gif  image3441.gif  image3441.gif  image3441.gif  image3441.gif



罰当たりな703△家、何年か前のお正月に買った破魔矢もそのまんまだったので、深大寺に奉納に行ってきました。
DSC_0941.jpg

リーパコは元気!
DSC_0955.jpg

walking (2)

りれらは毎日の保育園通い、頑張ってます。

これまでのひどかった引っ張り癖がだいぶ矯正され側歩行出来るようになりました。


は側歩行にはこだわりなくて、自由に歩いていいじゃん、なポリシーだけど、りれらの場合は、引っ張ることで過呼吸になり気管虚脱の悪化が懸念されるので、引っ張り癖は何としても治したい、のです。

もうしばらく頑張ろうね。

パコは、若年性白内障の右目がだいぶ白くなりましたが、まだまだ元気に走ってます。
DSC_0946.jpg



image3441.gif  image3441.gif  image3441.gif  image3441.gif  image3441.gif




少しずつ余裕も出てきてブログ訪問もボチボチ出来るようになったけど・・・とんでもない写真を見つけてしまった。

~リブログ~

29b4deb0c37ff320945ac978546f61fb.jpg

恐ろしい光景を目にした。

あるホームセンターで「感謝祭 ペット大放出400頭!」と大きな広告が掲示されていた。店舗に足を踏み入れると、ちょうどそこに従業員が運んできた山積みの段ボールが到着した。

箱には犬種などがしっかり記載してあり、覆いもないため、多くの人の目にさらされていた。



野菜や果物じゃないんだよ・・・!!    

日本の場合、こうした犬猫たちは、例外なく、ペットオークションで悪徳繁殖業者から仕入れている。

全く、命を何だと思っているのか。

ペットショップが売り続ける限り、悪徳繁殖業者はなくならない。
買う人がいる限り、売るペットショップが減ることはない。

私たちに出来ることは・・・ペットショップで犬猫を買わないこと。
そのことを一人でも多くの人たちに知ってもらうこと。


アメリカではこれまで120以上の都市で屋内外問わずペットショップ他での動物の売買を禁止する法律が施行され、生体展示販売禁止の流れは確実に育ちつつある(*)。 

(*)MSPCA-Angell Headquarters "City of Boston Ordinance on Pet Shop and Roadside sales" より。 


せまい日本で、どうしてそれが出来ないかな。


目前に控える都知事選、「ペットショップでの生態販売禁止」、それを公約に掲げる候補者がいたら、絶対投票するんだけどなぁ。。。




*********************************************************************
いつも応援ありがとう
ベビーれ~ろ(↓)にポチっとヨロシクです
クリック   クリック
にほんブログ村 犬ブログ ヨークシャーテリアへ
***にほんブログ村ランキング参加中***

非公開コメはコチラからお願いします⇒非公開コメント専用フォーム

チャーリー、お空へ。


2016年07月23日
☆土曜日☆

応援いただいていたチャーリーがお空に旅立ちました。


「れ~ろ☆と愛を届け隊」は ボランティアで構成する 動物保護団体「Arch」 の保護活動を応援しています。
「れ~ろ☆と愛を届け隊」プロジェクトは被災犬支援を目的に当ブログで立ち上げました。

れ~ろと愛を届け隊(S)

ご支援のお申込み・お問い合わせはこちらのメールフォームからお願いいたします⇒メールフォーム
(クリックで飛びます)。

動物保護団体「Arch」は、センターで殺処分を待つ犬猫を保護し、各ボランティア宅にて一時預かりをして里親を探す活動をしています。




image3441.gif  image3441.gif  image3441.gif  image3441.gif  image3441.gif


顔に大きな腫瘍を抱えながらも、「人間大好き」「おやつ大好き」で、穏やかでジェントルマンだったスコッチのチャーリーが、7月18日夜23時、永眠いたしました。

チャーリーが保護されたのは去年の8月。
収容センターで、ひとり檻に戻っていく姿が何とも切ない・・・。
チャーリー


毛玉がひどすぎて、「スコッチ?」  

そして、毛玉の中から出てきた顔の大きな腫瘍 (顔の半分が腫瘍の男の子わん)。

鼻の軟骨肉腫、あんなさん(ARCh副代表/チャーリーの預かり)が目にした資料によると、発症からの存命平均は468日だと。 

進行の遅い病気とのことで、そうなると、腫瘍の大きさから、すでに発症から1年は過ぎているね・・余命はあと3ヶ月くらいかも・・・なんて思ったものです。 クリスマスやお正月、迎えられたらいいけど。。ムリかも。。どんなに短くても、あんなさんのところで、のんびり幸せな余生を過ごしてほしいな・・・そんな風に思ったものです。

昨年10月に会ったときのチャーリーはとても元気そうに見えて、食欲もあり、おやつ大好き、人も大好き、とにかく、とっても穏やかで愛らしいコで、いつの間にか、ズンズンと近寄ってくる姿がもう可愛くて可愛くて、は大ファンになりました。
チャーリー Oct2015
写真では大きく見えたけど、体長はりれらとさほど変わらない。

2月の里親会でも人気者、積極的にじゃれてくる、というわけではないけれど、その穏やかさと静けさに癒されました。
チャーリー Feb2016

元気そうなチャーリーの姿に、顔の腫瘍はだんだん大きくなっていったけど、このまま桜を見て、夏を乗り越えて、なんて期待も…。

5月の里親会には、cloverさんが作ってくれたお洋服で参加。 
チャーリー May2016
スコッチらしくて一番似合ってる! と大好評。
cloverさん、チャーリーに着せやすくてかわいいお洋服をたくさん作っていただき有難うございました!


腫瘍は更にどんどん大きくなってきて、6月の里親会も欠席、支援物資搬送のときに、「チャーリーの具合はどう?」とあんなさんに聞いたら、「よく食べているけど、貧血が・・・」と。

心配ではあったけど、「食べられる」ことが何より。

先週の日曜日の里親会には、これもcloverさんが作ってくれた、名前入りのお洋服で参加したチャーリー。
チャーリー July2016

里親会に参加できるまで良くなったんだ・・とほっと胸を撫でおろしていたのに、その翌日の日付が変わろうとする夜遅くに、お星さまになりました。

ARChで引き取ってから11ヶ月。 
チャーリーはすごく頑張って、予想を遥かに上回る長い日々を、本当に楽しく生き抜いてくれたのに、あんなさんの手厚いケアと愛情のもとで元気に過ごすチャーリーを見て、見守る側は、「夏を越してほしい」 「またクリスマスを迎えよう」なんて、もっともっと、と勝手にどんどんと欲ばりになっていました。

息を引き取る日のお昼まで、ごはんを美味しそうに食べ、その日の夜、だんだんと息が浅くなり、本当に眠るように静かに息を引き取ったそうです。最後の最後まで、チャーリーらしい。

「ゴソゴソ」と手を動かすだけで、「おやつですか?」と、寄って来たチャーリーだから・・・最後まで好きなことを全うし、「このへんでOK」と思って旅立ったんだね。

チャーリーが旅立った日の翌日、は病院で3日間続けての検査の一日め。
昼過ぎに送られていたチャーリーの訃報メールを読んだのは、真夜中でした。

持続した検査が必要だったので、長時間外出が出来ず、往復だけで4時間かかる会葬場に行けなかったので…チャーリーに最後のお別れの挨拶が出来なかったこと、あんなさんにチャーリーのお世話をしていただいたお礼を言えなかったこと、それが残念でなりません。

実際にお世話されていたあんなさんのご苦労は、「有難うございます」、「お疲れ様」、そんな簡単な言葉だけでは言い尽くせない、とてつもなく大変だったはずなのに、あんなさんはいつも前向きに明るく優しくチャーリーに向き合ってこられました。本当に心底から敬意を表します。

チャーリーは、cloverさんが作ってくれた、赤いチェックのお洋服を着て旅立ちました。

チャーリーには、処方食や滅菌ガーゼ、サプリ、栄養ドリンク、低脂肪のおやつやおもちゃ、タオルケットなどなど、本当に沢山のご支援品を寄付させていただくことが出来ました。

あらためまして、ご支援いただいた皆様にお礼申し上げます。

そして、チャーリーが幸せに旅立ったことを報告させていただきます。



*********************************************************************
いつも応援ありがとう
ベビーれ~ろ(↓)にポチっとヨロシクです
クリック   クリック
にほんブログ村 犬ブログ ヨークシャーテリアへ
***にほんブログ村ランキング参加中***

非公開コメはコチラからお願いします⇒非公開コメント専用フォーム

相次ぐアーチっ子の訃報を乗り越えて


2016年04月22日
☆金曜日☆

2016年5月15日(日曜日)、駒沢公園で開催されるフリーマーケットにARChの参加が決まりました。


「れ~ろ☆と愛を届け隊」は ボランティアで構成する 動物保護団体「Arch」 の保護活動を応援しています。
「れ~ろ☆と愛を届け隊」プロジェクトは被災犬支援を目的に当ブログで立ち上げました。

れ~ろと愛を届け隊(S)

動物保護団体「Arch」は、センターで殺処分を待つ犬猫を保護し、各ボランティア宅にて一時預かりをして里親を探す活動をしています。

t02200157_0800057113608642828[1]ARChの春のフリマ参加が決まりました!
2016年5月15日(日) 9:00~15:00  ※雨天中止
駒沢オリンピック公園 (北側大階段上中央広場)

売上金は保護犬の医療費として活用されます。

ARChのフリマ物資募集要項⇒ 「こちら、ARCh情報局!





当ブログでも、保護犬支援品 及びフリマ物資を大募集中です!



※ 当方住所をご存じの方は事前連絡は不要ですので、ご都合の良い時に直接お送りください。

※ 現在フリマ物資募集は締め切り、保護犬支援品のみを募集しておりますが、ご準備いただいているフリマ物資につきましても、どうぞご遠慮なくお送りくださいませ(事前にご一報いただけると助かります)。

今回より、amazonにて 支援品リストを作成いたしました。 
支援品リストの中からご支援いただけるものを選びご購入いただくとAmazonから当方に直接届くシステムです(送料無料)。
送付先等の記入も必要ありませんので、「何を送っていいのかわからない」「買い物に行く時間がない」「梱包が大変」「遠方から送るので送料が高くなる」などの場合大変便利にご利用いただけるかと思います。 ご検討いただき、是非ご利用ください(一般公開はしておりませんので、ご利用の際はご一報ください)。

line

ブロガーの皆様へのお願い

このたびも、支援募集がひとりでも多くの方の目にとめていただけるよう、フリマ物資支援および保護犬への支援品のお願いを、皆様のブログでご紹介くださいますようお願い申し上げます。

リンク先は、2016春 フリマ物資・保護犬支援物資募集要項」 にてお願いいたします。

物資支援募集情報の拡散にご協力いただきますよう、何卒よろしくお願いいたします。

※リンクしていただいているブロガーのみなさま、本当にありがとうございます。


image3441.gif  image3441.gif  image3441.gif  image3441.gif  image3441.gif



【ご連絡掲示板】

下線の入ったお名前はご支援者さまのブログに飛びます。


あゆみんさま コタコタさま すず❤ママさま
 りょう♪☆さま ヴィッキーママさま そら太郎ママさま  あやさわ母さま…連名にて失礼いたします。ご支援品受領させていただきました。有難うございます。保護犬用フリマ用スタッフ用に仕分けし、責任持ってお届けいたします。保護犬救助活動へのご理解ご協力に心よりお礼申し上げます。



お誕生日
 (ご支援者さまのペットさんのお誕生日)

こむぎちゃん、お誕生日おめでとう

2016-04-22 こむぎちゃん(7歳)お誕生日-のコピー

(こむぎちゃんの はコッチだよEveryday こむぎ色。あずき色。






image3441.gif  image3441.gif  image3441.gif  image3441.gif  image3441.gif




本日も業務連絡のみにつき
今週末までガンバ!



image3441.gif  image3441.gif  image3441.gif  image3441.gif  image3441.gif



2週間前の4月6日に旅立ったむーちょんを追うように2頭のARChっこが旅立ちました。

ひかる

まある

まあるくんは、持病もなく、前日まで元気にお散歩もしていたのですが、突然胃捻転を起こし緊急手術したものの、病院で息を引き取りました。確か「ポチたま」のマサオくんも胃捻転で急死したと記憶しています。

2週間で3頭を見送ることになってしまい、その衝撃は大きくすっかり憔悴しきったARChスタッフの皆さん、それでも、そのかたわら、センターから3頭の引き出しをしました。悲しみで立ち止まることも出来ません。まだまだ助けを待っている犬たちがいる。スタッフの皆さんの気持ちと行動は、「お疲れさまです」とか「ありがとうございます」なんて簡単な言葉だけでは表せすことは出来ません。

そして、明日は里親会。 素敵なご縁がひとつでも多く結ばれますように・・・。

5d6b16f791324cb9e96255cdbe8e8de3[1]



*********************************************************************
いつも応援ありがとう
ベビーれ~ろ(↓)にポチっとヨロシクです
クリック   クリック
にほんブログ村 犬ブログ ヨークシャーテリアへ
***にほんブログ村ランキング参加中***

非公開コメはコチラからお願いします⇒非公開コメント専用フォーム

ロート製薬、動物実験廃止!


2016年02月25日
☆木曜日☆

 またまた暗いお話で失礼します・・・コメ&メールのお返事遅れています、ごめんなさい。もう少々お待ちを。。。ムフフ 顔文字 ・・・ただいま手指リハビリ中のため音声入力ちゅう・・ u-nn・・・

れ~ろと愛を届け隊(S)

保護犬救助活動へのご支援に関するご連絡・お問い合わせ等は、メールフォームよりお願いいたします。


下線の入ったお名前はご支援者さまのブログに飛びます。

【ご連絡掲示板】

チョコママさま・・・ご支援品受領させていただきました。春のフリマにしっかりと活用させていただきます。たくさんの可愛い手作り洋服とグッズを有難うございます。前回に続き即効売れ切れ必須ですね。保護犬救助活動へのご理解ご協力に心よりお礼申し上げます。

りょう♪☆さま・・・ご支援品受領させていただきました。このたびも沢山のペットシーツをご寄付いただき有難うございます。保護犬に大切に活用させていただきます。保護犬救助活動へのご理解ご協力に心よりお礼申し上げます。


line



お誕生日
 (ご支援者さまのペットさんのお誕生日)

チョコちゃん、お誕生日おめでとう

2016-02-25ちょこちゃん(7歳)お誕生日

 はコッチだよチョコさんと一緒に♪





image3441.gif  image3441.gif  image3441.gif  image3441.gif  image3441.gif



dPGp7Z_7Vc9n_hJ1441409948 のコピー




image3441.gif  image3441.gif  image3441.gif  image3441.gif  image3441.gif


は、JAVA(NPO法人 動物実験の廃止を求める会)のメンバーです。

JAVA は、2009 年より「ウサギを救え!化粧品の動物実験反対キャンペーン」を立ち上げ、まずは国内最大手である資生堂に対して、署名運動を展開するなどして、化粧品・医薬部外品の分野における動物実験の早期廃止を求めてきました。

着手した当初は、「動物実験廃止などどこ吹く風」だった日本の化粧品業界ですが、運動が実を結び、2013年2月28日、資生堂は、化粧品及び医薬部外品の動物実験廃止を決定したと発表しました。

2013年3月11日、世界最大規模の市場を持つEUで、化粧品の動物実験が完全に禁止になりました。

10年前には大手企業のほぼ全社が動物実験を行ない、その事実をひた隠しにしてきた日本の化粧品業界も、資生堂の廃止宣言を皮切りに、動物実験廃止を決断し、その事実を公表する大手化粧品メーカーが増えてきています。

そんななか、スキンケアブランド「肌ラボ」やリップクリームの「メンソレータム」で知られるロート製薬は、昨年12月、JAVAを含む動物保護団体3団体で構成する「美しさに犠牲はいらないキャンペーン実行委員会」(CFB)に対し、化粧品(医薬部外品含む)のための動物実験を継続することを宣言しました。

CFDは大々的に動物実験反対の署名活動をはじめ、17,555人の賛同者により、署名が集まりました。
そして、キャンペーン開始から6日後の1月27日にロート製薬は公式ウェブサイトに「動物実験は行わない」という方針を掲載。

その後、CFBはその真意と内容について複数回にわたって確認を重ねてきましたが、2月18日、ロート製薬より

・化粧品(医薬部外品含む)の製品及び原料について、すでに開発中の成分も含め動物実験を即時廃止
・このルールは2016年1月27日以降適用されており、今後も行なわない
・自社における動物実験のみならず、外部委託も行なわない

との方針であることを確認しました。

(JAVA資料より転載)

は動物実験を行わない化粧品会社のものしか使いません!






image3441.gif  image3441.gif  image3441.gif  image3441.gif  image3441.gif




JAVAからは、実は以前より、写真掲載や文献引用の許可もいただき、動物実験廃止活動について書いてください、とも言われていましたが、実は なかなか書くことが出来ませんでした。

なぜなら、実験動物の実態は、収容センターの保護犬よりも、さらに悲惨で、何をどこまで、どう書いたら良いのか、そして、まとめきれないほどに派生する問題が多すぎる…。


 
line



(以下はJAVAの資料より抜粋し一部加筆修正したものです)

ドレーズテストという言葉は知らなくても、この写真を見たことのある人は多いかと思います。

draze-buav-300x203.jpg ドレーズテストとは、眼刺激性試験のことです(1940年代にドレーズが開発した)。
ウサギは、眼を手足でこすらないように頭だけが出る拘束器に入れられ、まぶたをクリップなどで固定され、何日もこの状態のまま、眼がつぶれるまで化学物質を投与され続けます。
麻酔もかけられていないためあまりの痛みから大暴れして、首の骨を折って死んでしまうこともあります。
解剖学的、生理学的なヒトの眼との違いや、研究施設間で試験結果にバラつきが多いことなどから、この実験結果は信頼性に欠けるとの批判が多くあります。
これは本当に必要な実験なのでしょうか?

14の家庭用品について目の炎症の持続時間に関するウサギのデータをヒトのデータと比較したところ、18倍から250倍もの違いがありました。

ビーグルの子犬。少量の麻酔しかされずに、ケシロンに浸したガーゼを皮膚に当てられ、そこに火を付けて 焼かれた。
at2-dog[1]

「犬の骨折や火傷が人間のものとは違うということは、誰もためらうことなく 認めている。」(ハーベイ・S・アレン医師、ション・L・ベル医師、シャーマ ン・W・デイ医師。イリノイ州。)

この子犬は、ストレスの実験のために、下半身を繰り返しハンマーで打ち砕かれた。実験の期間は麻酔も何の手当てもされない。 この写真は、動物実験に反対する英国の団体NAVSの当時の代表であったBrian Gunn氏が、1985年に日本の研究施設を視察した際、撮影したもの。
at-papillon[1]
・・・悲惨なことは、心理学実験で死亡した数知れぬ動物たちが、残忍な死に方をしただけだなく、無駄死にしたことである。(ドン・バニスター。ハイ・ロ イズ病院医学調査委員会外部科学班メンバー)

「医学の進歩のため」「科学の発展のため」といった大義名分のもと、動物に毒を飲ませ、有害物を皮膚に塗り、無理やり病気にさせ、肉体的にも精神的にも痛めつけ、傷つけ、苦しめ、そして殺してしまうのが動物実験です。その残酷な実態は内部告発や潜入調査などで、ほんの一部が表に出ることはあっても、依然として密室の中で行われ続けているのが現状です。

私たちは長い間、「動物実験は医学の進歩のために必要だ」と思い込まされてきました。
しかし、動物実験によって病気が治ると期待された薬や治療法によって、数々の痛ましい薬害が引き起こされています。
昨今、医師や科学者など専門家の間では、「動物実験によって得られたデータが、人間の病気の治療に誤った知識をもたらし、医学の進歩を遅らせている」と主張する声が高まってきており、専門的見地からも動物実験の過ちが指摘されています。

動物実験についての「3(スリー)R(アール)の原則」の遵守が国際的な流れとなり、日本の「動物の愛護及び管理に関する法律」にも、この「3Rの原則」が盛り込まれました。

3Rとは・・・

Replacement  動物を使用しない実験方法への代替

Reduction    実験動物数の削減

Refinement   実験方法の改良により実験動物の苦痛の軽減

この「3Rの原則」を基本として動物実験に替わる方法(代替法)の研究が進められています。
現在では動物を使わない多くの優れた代替法が開発され、臨床試験、臨床実習、疫学(住民)調査、生検、死体解剖といったような伝統的な方法の他に、高度な技術を駆使した方法があり、医学研究、製品や化学物質の安全性試験、教育現場での実習などに世界各国で採用されています。

しかし、日本では行政の代替法への理解が浅く、まだ充分に受け入れられていません。

(以上、Java資料より加筆修正し転載)



line



殺処分を待つセンターの収容犬には、その一部でしかないとはいえ、ボランティア団体からの救いの手で命が繋がる可能性があります。

かつては、収容センターの犬たちが動物実験に払い下げられていました。
それを廃止させたのは、一般市民の声です。



実験に使われる動物たちは、実験動物として繁殖され、生まれたときから、もしくは胎児のときから実験によって死ぬまで、実験道具にされます。

動物実験の実態がより悲惨、と書いたのは、その実態について調査しようにも、「研究」という名のもと、外部から立ち入ることが難しく、多くが内部告発に頼らざるを得ないのが現実だからです。

しかしながら、一般市民が動物実験の現状を認知し、考え、討論することで、時間がかかっても悲惨な状況を是正していくことは可能です。

獣の殺傷を忌嫌う仏教の伝統が根付く日本で、いまだ 「医学や化学の発展には動物実験は必要」という意見が多いのは、動物実験の不適合性や動物を使わない多くの優れた代替法が存在することの認知を行政が真剣に取り組んでいないこと(行政自体が理解していない)が大きな起因になっています。

犬猫の殺処分、ペットオークションと同様に、動物実験は長い間闇の中で行われてきたことであり、社会に開示されることがあまりに少なすぎた。

動物実験を擁護する意見の人もいるでしょう。
なかには、「ベジタリアンかビーガンでなければ動物愛護を訴えるな」と言った極論に走る人もいます(これについては、、動物愛護の考え方にもそれぞれのスタンスがあって然るべきであり、「0 か 100か」 のどちらかを選択すべきという主張は浅慮ではないかと考えていますが)。 

犬猫の殺処分やペットオークションに比べると、動物実験については賛否両論が飛び交う事項であることは確かです。
しかしながら、「議論」する場が社会に増えることは、「無関心」であることからの大きな発展です。
何よりも、今必要なことは、少しでも多くの人に「実態」を知ってもらうことだと思います。



image3441.gif  image3441.gif  image3441.gif  image3441.gif image3441.gif


重くて暗い内容と動画ばかりですみません、こちらの動画を見て、ホッとしてください。

シーズーと同じくらいの大きさに育ったって…どんだけ大きいネコなんだ?(^^;)



image3441.gif  image3441.gif  image3441.gif  image3441.gif image3441.gif

teatime ロゴ(2016) Tea Timeっとな。。


きーちゃんから生チョコ生八つ橋 のコピー

きーちゃんさんから、生チョコの生八つ橋をいただきました。

大好きな八つ橋ですが、次から次へと色んなものが入ったヴァージョンが出てくるなぁ。

思いっきり生チョコだった。 冬期限定品かな。

和洋折衷な味と生八つ橋の食感、ついつい手がのびる(^^)

生八つ橋万歳♪♪



そして、モロゾフのかわいいバレンタインチョコで幸せ気分になっているの傍らで、駄菓子大好きなが飛び上って喜んだのは、いっぱいの「あられ」。
すぐに抱え込んで隠そうとしていた(犬か!・・・笑)
きーちゃんさんのプレゼントは、いつも京都らしい、和洋織り込んだかわいいサプライズ
きーちゃんさん、ありがとう




*********************************************************************
いつも応援ありがとう
ベビーれ~ろ(↓)にポチっとヨロシクです
クリック   クリック
にほんブログ村 犬ブログ ヨークシャーテリアへ
***にほんブログ村ランキング参加中***

非コメはコチラからお願いします⇒非公開コメント専用フォーム
☆ブログの紹介☆

Author: 703△
(れ~ろのおばーちゃん)
いくつもの病気を抱えても明るく楽しく生きたヨークシャテリアの男の子、れ~ろくんの14歳5ヶ月からの記録としてブログをはじめました。
東京在住。

にほんブログ村 犬ブログ ヨークシャーテリアへ
. .




東京都交通局により, ブログタイトルを名付けた木が府中街道の 街路樹に植樹されました。


カウントダウンタイマー
☆れ~ろくん☆

1996年3月18日~
~2011年3月29日
享年 15歳11日
虹の橋組 5年生

NewYork生まれ
NewYork&東京育ちのやんちゃ坊主。
たくさんの病気を抱えても超元気な犬生全う!
☆りる☆ちゃん
☆れ~ろのママ☆

1990年8月24日
~2004年12月24日
享年 14歳4ヶ月
虹の橋組 12年生

Iowa生まれ NY育ち
超お嬢様のりるちゃん。
人工授精でれ~ろを生みました。
れ~ろはりるにべったりのマザコン息子でした。
パコ&りれら
☆パコ&りれら☆

パコの家の子記念日  7月5日
パコの生誕お祝い日 9月の祝日
保護されたとき(2011年)の
推定年齢7歳~10歳。

りれらの誕生日
2011年2月27日

保護犬のパコ&セレブな生まれのりれらは大の仲良し姉妹。

おばーちゃんのブログ
命のバトン
当ブログは、ペットショップ、ネットオークション、およびWeb(法人・個人共)での犬の生体展示販売・販売用生体写真掲載に断固反対いたします。

埼玉鴻巣ブリーダー崩壊 犬54頭

ペットショップに行く前に…
ぜひ、保護犬の里親になることを検討してみてください。
いつでも里親募集中

パコを助けてくれた保護団体。



ARChバナー

かわいい子たちが里親さんとの出会いを待ってます!
れ~ろ☆と愛を届け隊💛
00 all members
お友だち募集中
☆お友達になってね☆

リンクフリーです♪
カテゴリ
最新記事
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
検索フォーム
♥ Thank you ♥
(2014年4月からカウント中)