混合ワクチン接種の前に抗体価検査


2014年08月22日
☆金曜日☆


ハンドクラフトのブログ移転にからみまして、期間限定でハンドクラフトのギャラリー館オープン中・・・・・・・・・手指リハビリ中のため音声入力実施ちゅう・・・

「れ~ろ☆と愛を届け隊」は ボランティアで構成する 動物保護団体「Arch」 の保護活動に応援・協力しています。

「れ~ろ☆と愛を届け隊」プロジェクトは被災犬支援をきっかけに当ブログで立ち上げました。

春のフリマでは沢山のご協力をありがとうございました。秋のフリマ参加は10月で調整中です。日程がわかり次第当ブログでもお知らせいたします。保護犬支援に関するご連絡は、メールフォームよりお願いいたします。

※お写真、お名前の非公表をご希望の方もたくさんいらっしゃいますので、その場合もきちんと対応させていただいております。事前にその旨をご連絡いただきますようお願いいたします。

【ご連絡掲示板】


下線の入ったお名前はご支援者のブログに飛びます。


らみままさま・・・ご連絡ありがとうございました。遅くなって申し訳ありません。メールにてお返事お送りしました。 よろしくお願いいたします。(以前メールトラブルが続きましたので、念のためこちらからもご連絡させていただきました。)




Line ボトル




 ☆703△のハンドクラフト・ギャラリー館☆

ホットケーキタワーのメモスタンド
006.gif一週間ほどの期間限定公開です

B03ボットケーキタワー掲載期間満了




image3441.gif  image3441.gif  image3441.gif  image3441.gif  image3441.gif



昔の記事(混合ワクチンをむやみに接種させるのはやめようよ。 8/13/2013)でも書きましたが、は混合ワクチンの過剰摂取に大反対なので、混合ワクチン接種を受ける前に抗体価検査を受けて、接種が必要かを調べます。

過去記事に書いた通り、混合ワクチンで必要不可欠なのは2種だけですが、ほとんどの病院では5種以上しか取り扱っていないのが現状です。

もちろん、環境等を勘案して何種を接種するかは飼い主が決めることですが、普通の家庭犬として育っているヨーキーなどの小型犬に9種だの13種だのを平気で接種する獣医は、間違いなく、犬の顔が札束に見える、すなわち、犬の健康ではなく金儲けが大切な、最悪な獣医です。この手の人間は口がうまく人当りがいいので、素直な飼い主さんはコロっと騙され、いいカモ にされます。

あと、「アメリカでは3年」とか平気で言う獣医さんはね。。はっきり言って、しろうとと同じレベルのネット情報や薬品会社の営業マンのセールストークの受け売りの知識しかない人。 「どこからの情報?」って聞いたら絶対に困るはず。。。だって、広いアメリカ、州によって、そして、同じ州でも市町村によって対応が全然違うんですから!

ただ、今では日本の獣医大学の獣医学書でも、「3年」を推奨しています。 なので、若い獣医さんや勉強されている獣医さんは、「3年で1回」を基本と考え、推奨する病院も増えています。

じゃぁ、本当に3年に1回は妥当なのか?  ということについては過去記事に書きましたが、その後、ぶったまげた獣医のブログを見ました。 

『抗体価検査をして抗体が出来ていれば接種しなくてよいのか、と飼い主さんからよく聞かれる。
ある犬が、抗体価検査で抗体があったために接種しなかったらジステンパーにかかった。
飼い主さんは、「抗体価検査したのに」と嘆いておられた。だから、やはり接種はすべきだと考える。』


みたいなことを、動物病院のHPのブログに堂々と書いてあった。
なんで、こんなめちゃくちゃな結論にたどりつくんだ?
抗体がある犬に、同じ抗体の接種して、なんの違いがあるのか、と。
獣医大学で免疫学の勉強だってしただろうに。

しろうとだって、ちょっと調べりゃ、抗体価と免疫機構の関係、すなわち、

病原体の侵入にあった時にまず反応するのは、「記憶細胞」と呼ばれる、特異なリンパ球であり、抗体ではない。
このリンパ球が、一度体に入った病原体を全て記憶し、再度同じ病原体が侵入したときに免疫反応を起こさせ、それにより抗体が作られ、病原体をやっつける。


ということくらい理解できるよ

つまり、抗体価が低くても、必ずしも過去に打ったワクチンが全く効かなかった、ワクチンを再度打たないといけない、との結論に直結するわけでもなければ、見方を変えれば、ワクチンを打っていても感染後に発病することもある(確率は低いが、可能性はゼロではない)、と。

でも、獣医さんがこんなことを書いたら、信じちゃう飼い主さん、多いよねー。


・・・と、リーパコの抗体検査の話を書くつもりが、大幅に脱線してしまいました


ちょっと前の話になりますが、リーパコも今年分の抗体価検査を受けました。
CIMG0693 (2)


かかりつけの病院では、5種以上の接種しか取り扱っていないため、5種の検査です。
1頭 5種で14000円。 値段的には打倒なところです。 
まだまだ、一般的な検査ではないので1種3千円から1万円と動物病院によってかなり差があるらしい。
といっても、2頭で28000円は、決して安くない、いや、高い! 
もっと普及して、一般的な検査になったら、安くなるかも、だね・・・うーん、10年後くらい???

で、検査の結果。
DSC04863.jpg
パコはなんと、5種すべての抗体がなかった!

DSC05233.jpg
りれらは、4種の抗体はあったけど、一番重要な2種のうちのひとつ、ジステンパーの抗体がなかった!

ということで、リーパコ揃って、2年ぶりに混合ワクチンの接種です。
CIMG0749.jpg
パコは免疫力がめっちゃありそうなので、抗体がなくても、感染後に発病はしない気もしますが(笑

りれらに、他4種を過剰摂取することになるのが、なんとも気が重い。
でも、近所に2種ワクチンをしてくれる動物病院はない。
探せば少々遠くの病院なら2種ワクチン接種をしてくれるところがあるかもしれないけど・・・。
接種した日に何かあったときに、すぐに行ける病院じゃないと、それはそれですごく不安。
DSC04941.jpg
副作用が心配だから、朝行って注射して、待合室で30分様子見。

帰宅後は、家でおとなしくして、一日様子見。

ワクチン接種前後のしばらくの期間は、ミルクシスルを飲むことを忘れずに。


なんの変わりもなく、元気いっぱいのリーパコで一安心。

ただ、ワクチン接種をしたからといって安心は出来ない。
免疫力を高めるよう、これからも毎日がんばろー!


*********************************************************************

いつも応援ありがとう。
ベビーれ~ろ(↓)にポチっとヨロシクです

クリック   クリック

にほんブログ村 犬ブログ ヨークシャーテリアへ
***にほんブログ村ランキング参加中***

非コメはコチラからお願いします⇒非公開コメント専用フォーム

コメントの投稿

非公開コメント

悩むところです

こんにちは
よたは昨年壊死性髄膜脳炎と診断され、昨年、今年と抗体検査をジステンバ-とパルボを受けました
昨年はすごく抗体値あり安心していましたが、今年は半減していました
かかりつけの先生は狂犬病とジステンバ-の副作用として脳炎になった報告が無い事は無いからと、よたは打たない選択をしました
よたは散歩が大好きなので悩むところです
人間でもワクチン打たなくてもならない人もいる訳で免疫力を高めるのが大事なのですね
とは言ってもどうするか悩むところです
解毒の為に摂取前後はミルクシスル飲ませた方がいいのですね
為になるお話有難うございました

『混合ワクチン接種の前に抗体価検査』へのメッセージ

こんばんは!すごーいです!!ちょー美味しそうです。

 なんかどんどん進化していません!? 美味しそうにかわいいがかなりプラスされてますv-10
 
 私も進化!!したいんですがなかなか‥


 ワクチン!うちは八種を毎年射ってます。どーしてもねーボランティアしてると考える余地なしでしてないとイケナイので。。。。


 ミントのポストカード!!ありがとうございましたv-238
 うふっv-22うちのこタキシード似合うわ〜v-10v-10

こんにちは(^_^)
みんな美味しそうで素敵(^^)
すごいなぁ~こんなにも細かい作業で作られてるんですね。

ワクチン接種って確かに獣医さんによって
値段はまちまちですよね。
我が家は5種混合です。
そんなに沢山の種類がある接種はうけたことないです。
でね、接種の時期になると決まって獣医さんからハガキが届いて忘れていた…って
気づくときあります^_^;
そのときに予防接種のお知らせと誕生日検診のことまで書かれていたときには
ほんとビックリしました。

お返事です♪

コメントいただき有難うございましたv-354



★よたろうママさま★

こんにちはv-348

これは全くもって私の勝手な考えですが、確かに心配はあるけど、悩むことはないと思いますよ。
かかりつけの獣医さん、とっても適格な判断されているし、2種だけの抗体検査をしてもらえるなんて羨ましい限りです。 
抗体がないと感染後発病する可能性が高くなるけど、ならば感染しないように気をつければいいわけで~靴底に菌が付着して感染することもあるけど日本は靴を脱いで家に入るし、ご自身が他の犬に接したときに洋服等すぐに着替えるようにする、お散歩で他の犬との接触や糞尿の匂いをかがないようにする等気をつければ、極端に神経質になることはないと思います。 もちろん、免疫力を高めることも必要ですが。  よたくんの場合は、特に、ワクチンの副作用のほうが、もっともっとこわいです。
解毒としてミルクシスルは人間でもよく飲まれていますよね。
リーパコには、シジミも活用しています(^^)


★CLOVERさま★

こんにちはv-349

リアルサイズものは、けっこう色々遊んで作ってます。
どんどん色々やりたくなる(笑

セラピー犬も、盲導犬しかり介助犬しかり、いわゆる「お手本犬」の立場である以上、「ワクチンなんて必要ないよ」なんてことは獣医学会では口が裂けても言うことはない。警察犬や救助犬のように、何が潜んでいるかわからない場所や環境に置かれるわけではないのにね。人のために役立っているワンコを、ワクチンの危険にさらす矛盾は感じるけど、現状致し方ないのかなー。

ミントくん、バッチリ決まってるよね(^^)


★あるみさま★

こんにちはv-350

お褒めいただきありがとうございます(^^)
凝り始めるとね、キリがないです(^^;)

ワクチンの値段もそうですが、やっぱり抗体価検査の値段は動物病院によって余りに差がありすぎでね~色々調べて一種検査3000円前後が打倒と考えましたが、面倒でも何件かに問い合わせたほうがいいみたいです。
14歳のハッピーちゃんは、混合ワクチンも狂犬病ワクチンも免除ですね。
☆ブログの紹介☆

Author: 703△
(れ~ろのおばーちゃん)
いくつもの病気を抱えても明るく楽しく生きたヨークシャテリアの男の子、れ~ろくんの14歳5ヶ月からの記録としてブログをはじめました。
東京在住。

にほんブログ村 犬ブログ ヨークシャーテリアへ
. .




東京都交通局により, ブログタイトルを名付けた木が府中街道の 街路樹に植樹されました。


カウントダウンタイマー
☆れ~ろくん☆

1996年3月18日~
~2011年3月29日
享年 15歳11日
虹の橋組 5年生

NewYork生まれ
NewYork&東京育ちのやんちゃ坊主。
たくさんの病気を抱えても超元気な犬生全う!
☆りる☆ちゃん
☆れ~ろのママ☆

1990年8月24日
~2004年12月24日
享年 14歳4ヶ月
虹の橋組 12年生

Iowa生まれ NY育ち
超お嬢様のりるちゃん。
人工授精でれ~ろを生みました。
れ~ろはりるにべったりのマザコン息子でした。
パコ&りれら
☆パコ&りれら☆

パコの家の子記念日  7月5日
パコの生誕お祝い日 9月の祝日
保護されたとき(2011年)の
推定年齢7歳~10歳。

りれらの誕生日
2011年2月27日

保護犬のパコ&セレブな生まれのりれらは大の仲良し姉妹。

おばーちゃんのブログ
命のバトン
当ブログは、ペットショップ、ネットオークション、およびWeb(法人・個人共)での犬の生体展示販売・販売用生体写真掲載に断固反対いたします。

埼玉鴻巣ブリーダー崩壊 犬54頭

ペットショップに行く前に…
ぜひ、保護犬の里親になることを検討してみてください。
いつでも里親募集中

パコを助けてくれた保護団体。



ARChバナー

かわいい子たちが里親さんとの出会いを待ってます!
れ~ろ☆と愛を届け隊💛
00 all members
お友だち募集中
☆お友達になってね☆

リンクフリーです♪
カテゴリ
最新記事
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
検索フォーム
♥ Thank you ♥
(2014年4月からカウント中)